外断熱と内断熱のそれぞれの特徴!?断熱住宅の基本情報について分かりやすく解説

このサイトでは断熱住宅をこれから建築することを予定している方に、活用できる基礎知識やコンテンツを御紹介しています。
断熱方法には、素材をどこに設置するかにより外断熱と内断熱のふたつがあり、どちらを採用するかでデザイン麺への影響がありえます。
高断熱の点では、全館空調設備を採用することで光熱費を大きく節約することが可能です。
断熱性能を高くすると、空調機能も効率的に稼動するので電気量消費を抑制し、省エネ効果を発揮します。

外断熱と内断熱のそれぞれの特徴!?断熱住宅の基本情報について分かりやすく解説

断熱住宅は内部に断熱素材を設置することで、熱が逃げるのを防止したり外気による気温変動などを抑制できる住宅性能をもっている住宅のことです。
断熱には外断熱と内断熱の2つの手法があり、それぞれに特徴があります。
内断熱は柱の間に断熱材を設置する方法で、従来からの断熱住宅で主流となってきました。
間取りの自由がきき、費用も抑えることができます。
これに対して外断熱は建物全体を断熱材で覆うというもので機密性能が高いものの、壁面に厚みが出るのでデザイン面で制限を受ける側面があります。

高断熱住宅の決め手は外断熱と内断熱にある

断熱住宅は内部に断熱材を留置することで、断熱性能を高めた仕様の住宅のことです。
具体的には外断熱と内断熱があり、双方の特性が決め手になります。
外断熱とは、柱の外側全体を断熱材で覆うという方法になります。
柱と壁面の間に断熱材を設置するばかりか全体にくまなく設置するので、気密性能が非常に高くなるのが特徴です。
気密性の高さは屋内の空気が外部に排出するのを防止してくれるので、空調性能をアップしてくれます。
屋内外の気温の差を小さくすることは、冬場の結露発生防止には優れた性能を発揮します。
そのため寒冷な気候の断熱住宅では採用されることが多いようです。
これに対して内断熱は、柱の間に断熱材を設置するので壁面に余分を厚みをもたせないという特徴をもっています。
壁面の厚みに影響しないので、狭小な土地でもデザイン性を損なうことはあまりありません。
従来から実践されている工法であることから信頼性が高く、費用も抑えることができます。

断熱住宅における外断熱のメリットやデメリット

断熱住宅とは断熱する素材を建物内部に設置することで、外気の出入を遮断するという性能に優れた住宅のことを指します。
断熱材をどこに設置するかにより、具体的方法は異なります。
外断熱は柱の外側で熱を遮断するというもので、具体的には柱と壁面の間に設置します。
建物全体を外から包み込むので、機密性が非常に高いといえます。
つまり屋内の空気を屋外へ移動させにくくなるため、冷暖房などの空調設備の機能を発揮させることを主な目的にして採用されてきました。
建物の内部と外部との温度差が小さくなり、冬場でも結露の発生を防止させるメリットがあります。
結露の発生は湿気が高くなりがちの環境になるため、結露防止とは建物を長持ちさせる点でも評価されているようです。
他方でデメリットとしては、外壁の厚みがますということにあります。
間取りも複雑さを追求することは難しく、断熱住宅の機能を発揮できるとしても、注文住宅の自由度を実感できないことがあります。

断熱住宅における内断熱のメリットやデメリット

断熱住宅における内断熱とは、従来から採用されており柱の間に断熱材を設置するというものです。
外断熱では壁面に厚みが出てしまうので、複雑な間取りや今日小住宅では設置が難しいというデメリットがあります。
都心部などの底地が狭い環境でもデザイン性を損なうことなく断熱性能を付与することができるわけです。
費用面でも外断熱が建物全体を覆うのと異なり、必要な部分だけの断熱素材の使用になることからリーズナブルに仕上げることも叶います。
反面断熱住宅において、内断熱を採用することのデメリットとしては、気密性が若干劣るという点を指摘することができます。
建物全体を断熱材で覆うわけではなく、すき間が出来てしまうので外気の侵入をゆるすことになります。
特に冬では寒い外気と空調された屋内との間での気温差が顕著で、屋内では結露の発生につながります。
結露は基本構造を水分に暴露されることにつながり、建物全体の劣化を促進させるリスクが高くなるのはたしかです。

高気密高断熱住宅のメリット!高気密の家とは?

快適な住空間を実現するものとして耳にする機会の多いキーワードに「断熱性」というものがありますが、これと同じぐらい重要なものに「気密性」があります。
高気密な住宅は快適なだけでなく経済性にも優れており、さらには住む人の健康をも守ってくれます。
住宅における気密性とは、簡単に言えば室内と屋外の空気ができるだけ往還しないようにすることをいいます。
これにより、室内の温度が外に逃げにくくなると同時に、外気の温度も室内に伝わりにくくなります。
断熱住宅では断熱材や遮熱塗料などを用いて熱が壁や床などを通して移動を防ぎますが、これに気密性が加わることによって壁や床などの隙間からも熱が移動しないようにすることができます。
結果として、空調効率が一層向上し、断熱住宅のクオリティがさらに上がることとなります。
高気密な住宅はまた、屋外のチリや花粉、害虫などが室内に侵入するのを防ぐ役割も果たします。
つまり、住人の健康を守ってくれる性能でもあるわけです。

断熱住宅に関する情報サイト
断熱住宅の基礎知識

このサイトでは断熱住宅をこれから建築することを予定している方に、活用できる基礎知識やコンテンツを御紹介しています。断熱方法には、素材をどこに設置するかにより外断熱と内断熱のふたつがあり、どちらを採用するかでデザイン麺への影響がありえます。高断熱の点では、全館空調設備を採用することで光熱費を大きく節約することが可能です。 断熱性能を高くすると、空調機能も効率的に稼動するので電気量消費を抑制し、省エネ効果を発揮します。

Search