高気密高断熱住宅のメリット!高断熱の家とは?

高気密高断熱住宅のメリット!高断熱の家とは?

高断熱住宅のメリットは、一年中快適に過ごせることです。
高断熱住宅は室内の空気を逃がさず、外気の影響を受けにくい特徴があります。
室内の空気を逃がさないなら、冷暖房で温めたり冷やした空気が外に逃げていきません。
外の気温の影響も受けないので、夏や冬の空気で室内が冷えたり温まることもありません。
そのため一年中快適であり、高断熱の住まいなら冷暖房も効率的に使えて光熱費の節約もできます。
高断熱住宅は、室内の温度を均一にしてくれます。
断熱性能が低い住宅では同じ建物の中でも寒暖差があり、たとえば浴室とリビングです。
冬のリビングは暖房の効果で温かいのに、浴室は寒くヒートショックの危険性があります。
室内の温度を均一に保てる高断熱の住まいなら、お年寄りも安心して生活できるでしょう。
断熱住宅は、防音性能が高いのもメリットです。
断熱材が音を吸収するため外の音が気になりにくく、室内の音も外に逃げない遮音性の高さがあります。

断熱住宅に住んでいる人が得られる効果とは?

断熱住宅を建てることで得られる効果はたくさんあります。
大きいのは文字どおり断熱に関する内容であり、一般的な住宅と比べて熱伝導率がとても低いです。
夏であれば熱が侵入することを防ぎ、冬であれば熱が外部に逃げることを防いでくれます。
したがって、一年を通して快適な室温を維持しやすく、それによって日々の暮らしな状態になりやすいです。
その他にも支出の抑制という形で顕著な効果が現れます。
熱の出入りが少なくなると、必然的にエアコンの稼働率が下がります。
エアコンを使うときでも、室温の変動が小さいので電気代は少なくて済みます。
冷房と暖房のどちらも減らせるので、年間では数万円を節約できることも珍しくありません。
断熱住宅はイニシャルコストが一般的な住宅より高いです。
しかし、このようにランニングコストを抑えられるため、長いスパンで比較すると得になるでしょう。
さらに断熱住宅に関しては購入時に補助を利用できる可能性もあります。

断熱住宅に関する情報サイト
断熱住宅の基礎知識

このサイトでは断熱住宅をこれから建築することを予定している方に、活用できる基礎知識やコンテンツを御紹介しています。断熱方法には、素材をどこに設置するかにより外断熱と内断熱のふたつがあり、どちらを採用するかでデザイン麺への影響がありえます。高断熱の点では、全館空調設備を採用することで光熱費を大きく節約することが可能です。 断熱性能を高くすると、空調機能も効率的に稼動するので電気量消費を抑制し、省エネ効果を発揮します。

Search